PR

地方 地方

いちご検定マスター級に挑戦 9、10日に栃木で「花と苺のフェス」

Messenger

 都道府県別のイチゴ生産量50年連続1位をアピールしている県は「いちご王国・栃木」検定を初めて実施しており、とちぎ花センター(栃木市岩舟町下津原)で9、10日に開かれる「花と苺(いちご)のフェスティバル」で、同検定マスター級の試験を実施する。2日間で計4回実施し、合格者には認定証が贈られる。

 同検定は、県産イチゴの魅力を県内外に発信してもらおうと、「いちご王国」プロモーションの一環として実施。県のイチゴの歴史や文化、技術についてなど幅広く出題される。インターネットで受験する1~3級と、筆記試験のマスター級があり、1~3級は2月14日に開始。最難関のマスター級はフェスティバルで初めて実施する。

 参加自由。当日申し込みは会場で受け付ける。試験会場は同センター近くの栃木市役所岩舟総合支所こなら館。30分、記述式。結果は各日、いちご王国プロモーションステージで発表する。(松沢真美)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ