PR

地方 地方

大宮を東日本の中枢に GCS化構想シンポ/連携センター開設へ

Messenger

 さいたま市が「大宮」を中心に市の都市力向上に取り組んでいる。22日に大宮駅を発展させる「大宮駅グランドセントラルステーション(GCS)化構想」に関するシンポジウムを開催し、28日には「東日本連携センター」も開設。県内最大級の乗降客を誇る「大宮駅」を「東日本の中枢都市」と位置づけ、都市力の底上げを図る。(川上響)

                   ◇

 ◆さいたま市が推進

 市は平成28年に首都圏広域地方計画の中で「東日本の対流拠点」と位置付けられた。大宮駅は「東日本の玄関口」とされており、市はこれまでも駅周辺のまちづくりに力を注いでいる。

 具体的には昨年7月策定の「大宮駅GCS構想」で、東日本全体の発展を牽引(けんいん)することなどを目指した取り組みについて、都市機能▽歩行者ネットワーク▽駅前空間▽道路ネットワーク▽駅機能-の5項目に分けて進めている。

 28日開設予定の「東日本連携センター」には、東日本の各地域の行政や観光の情報を発信するコーナーや、ビジネス交流サロンなどを設置する。

 清水勇人市長は6日の記者会見で「大宮GCS構想と東日本連携センターがいろいろな形でリンクし、相乗効果を上げながら、対流拠点都市としての役割を果たしたい」と展望を語った。

 ◆住みたい街4位

 その拠点となる大宮駅の乗降客数は年々増えており、29年度はいずれも1日当たりでJR東日本が51万294人(前年度比0・9%増)、東武線13万7309人(同1・4%増)に上る。また、リクルート住まいカンパニーの「住みたい街(駅)ランキング2019関東版」で大宮は前年9位から4位にランクアップした。

 清水市長は会見で「市の実力に都市イメージが追い付いてきた」とした上で「『翔(と)んで埼玉』の公開で『さいたま』というワードが取り上げられている機会をとらえ、市全体のイメージアップを図りたい」と意気込んだ。

 GCS化構想シンポは22日午後2時から「TKPガーデンシティPREMIUM大宮」で開催。日本総合研究所創発戦略センターの武藤一浩氏による「まちづくりと自動運転」をテーマとした講演やパネルディスカッションが行われる。問い合わせは、シンポジウム事務局048・762・8438。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ