PR

地方 地方

センバツで活躍誓う 松山聖陵に応援旗贈呈

Messenger

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会を前に5日、松山聖陵(愛媛)に対する愛媛県応援旗の贈呈式が県庁で行われた。今年の大会には四国勢として同校と高松商(香川)、富岡西(徳島)の3校が出場する。

 松山聖陵への応援旗贈呈式には、同校の渡部正治校長や中本恭平監督、根本大蓮主将らが出席。中村時広知事が「甲子園では堂々と戦い、まだ大変な状況が続いている西日本豪雨被災地に元気を届けてください」と激励。渡部校長は「選手の気持ちもまとまり、成長も著しい。元気が届けられるよう頑張りたい」と謝辞を述べた。

 根本主将は「それぞれが課題を持って取り組んできた冬場の練習の成果を発揮し、甲子園での初勝利を手にしたい」と話し、中本監督も「ベスト8を目標にしたい。まず1勝を」と活躍を誓った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ