PR

地方 地方

群馬県が太田など4カ所に外国人相談窓口設置へ

Messenger

 県などは、国の交付金を活用して、県内3市1町で外国人住民の生活相談に応じる窓口「多文化共生総合相談ワンストップセンター(仮称)」の設置を目指すと明らかにした。

 交付金を申請したのは、県と外国人住民の多い太田市、伊勢崎市、大泉町。県が前橋市に設置予定のセンターでは通訳者を配置し、生活や就労に関する情報を提供。幅広い相談に対応するという。

 4月の外国人労働者受け入れ拡大を前に、国は同センターを全国で約100カ所整備する予定で、要件を満たし、開設を希望する地方自治体が法務省に申請すれば、審査を行う。

 県は前橋のセンターについて、「県内全域をカバーするような総合相談窓口にしたい。外国人が少ない市町村にも、集住している市町村のノウハウを提供してフォローアップを図る」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ