PR

地方 地方

全盲の女子高生、東大合格 夢は「国際機関で働くこと」 和歌山

Messenger
東大の推薦入試に合格した全盲の菅田利佳さん=和歌山市の県立星林高
東大の推薦入試に合格した全盲の菅田利佳さん=和歌山市の県立星林高

 東京大学の推薦入試で、和歌山市の全盲の女子高生が教育学部に合格した。県立星林高校国際交流科3年の菅田利佳さん(18)。小学校入学前に目の難病「網膜色素変性症」と診断されたが、特技のピアノや海外留学の経験を糧に「世界の教育環境を知り、社会に貢献したい」と最高学府の受験に挑戦。数多くの協力者にも支えられながら夢のスタートラインに立った。 

 「えっ、番号がある!」

 合格発表の2月13日。自宅でスマートフォンの画面を指でなぞり、読み上げソフトの音声で結果を確認。家族にも確かめ、合格が分かると歓喜の声を上げた。

 試験では、図形や写真の問題で形や姿を頭でイメージするしかない。受験勉強では、教科書以外の副教材は点字のあるものを自ら探した。難関大学の受験に必須ともいえる学習塾に行くこともなかった。

 それでも「周りの人が思っているほど、自分のしていることは特別じゃない」と冷静に語る。

 試験の直前は毎日約15時間の猛勉強。常に視界が暗いことを逆手に、布団やこたつなど暗い中でも点字を使って勉強した。

 念願の合格に、将来に向けて「国際的な教育格差の改善に貢献し、世界でも活躍できる人間になりたい」と力強く語る。

                □    □

 2歳から音楽教室に通い、自然とピアノの音色に魅せられた。中学1年で韓国の音楽祭に招待されて演奏もした。しかし、当時英語で話せたのは自己紹介程度。他国の学生が通訳なしで流暢(りゅうちょう)に英語を話す姿を目の当たりにした。「悔しかった。英語で話せたらコミュニケーションできるチャンスが広がるし、力をつけたいというモチベーションにもなった」と振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ