PR

地方 地方

川崎の男児がはしか

Messenger

 川崎市は、市内に住む3歳未満の男児1人がはしか(麻疹)に感染したと発表した。男児は発症後にJRや商業施設を利用していた。

 市によると、男児は11日に東南アジアから帰国し、18日に発熱。19日に熱が下がったことから、同市川崎区のイトーヨーカドー川崎店を利用し、20日には京浜東北線や山手線などで移動していた。

 21日に再び発熱して市内の病院を受診。22日に感染が確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ