PR

地方 地方

【山梨知事の所信表明】「熱意伝わる」「具体性なし」 議会の反応さまざま

Messenger

 長崎幸太郎知事の26日の所信表明に対し、県議会各会派の受け止めはさまざまだった。

 最大会派・自民党誠心会の皆川巌代表は「県民に寄り添い、県政を発展させる熱意が伝わってきた」と高く評価した。公明党の安本美紀代表も「豊かさを実感させたいという約束に大きく期待している」と好意的な受け止めだった。自民、公明両党は先月の知事選で長崎氏を推薦した。

 一方、チームやまなしの早川浩代表は「連携するところは連携し、問題があれば前向きに議論し、『是々非々』で臨む」と冷静な対応を強調した。

 リベラルやまなしの土橋亨代表も「演説で述べた『昨日より今日が良くなったという実感が持てる山梨県』をぜひお願いしたい。選挙のしこりはない。是々非々でやる」と述べた。

 共産党の小越智子代表は「公約をもっと具体的に言ってほしかった。リニア新駅の身延線接続の話もなかった」と演説への不満を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ