PR

地方 地方

富士山で男性死亡 富士河口湖の会社員か

Messenger

 25日午前10時15分ごろ、富士山7合目の吉田大沢付近でうつぶせになっている男性を、遭難者を捜索中の県防災ヘリコプターが発見した。男性は心肺停止状態で、救急隊員が午後4時ごろ、死亡を確認した。富士吉田署は捜索していた男性とみて、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、23日に入山したとみられる富士河口湖町の30代の男性会社員が24日に勤務先に出社せず、上司が同日午後、同署に「富士山にいるのでは」と通報した。

 会社員はインターネットで登山計画書を提出。23日に吉田口の「馬返し」から1人で出発し、24日昼過ぎに下山の予定だった。警察などが25日朝から捜索していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ