PR

地方 地方

浦安で“恩返し”リサイタル ウィーン留学から帰国のギタリスト・岡本拓也さん

Messenger

 ウィーン留学から帰国した浦安市出身のギタリスト、岡本拓也さん(26)が3月2日、浦安音楽ホール(JR新浦安駅前)でリサイタルを開く。「お世話になった方々に恩返しをしたい」と意気込んでいる。(塩塚保)

                   ◇

 岡本さんは10歳で、ギターと出合った。父親が買って自宅に眠っていたギターを活用して専門家の指導を受けた。初めて弾いたのは名曲「禁じられた遊び」。「生の音を直に感じた。すごく感動した」と振り返る。才能が目覚め、ぐんぐん上達した。中学生のとき、全国大会で優勝。ギター熱はますます高まっていく。

 高校卒業を迎え、世界の俊才が集う名門、ウィーン国立音楽大学(オーストリア)受験に挑戦し、見事合格した。アパートを借りて1人暮らしを始めた。「自炊です。パスタをゆでて、しょうゆをかけて食べていた。栄養不足で立ちくらみしたこともある」と苦笑する。

 それでも夢を追う青春の日々は、充実していたと振り返る。“音楽の都”の大学で世界的に有名な教授の指導を受けることができた。また、高い水準のコンサートに通い、教会ではパイプオルガンの荘厳な音色に感動した。「生活と音楽が一体化している。ヨーロッパでの音楽の存在のあり方を身を持って学んだ」と語る。

 昨年11月、同大学ギター演奏科修士課程を最優秀成績で修了。帰国した。少年時代から交流の深い浦安ギターサークルの会員や友人たちが「お帰り。これからが楽しみだね」と温かく迎えてくれたという。「すごくありがたかった。恩返しをしたい」とリサイタルを企画。「主よ人の望みの喜びよ」など十数曲を演奏する。「名曲の魅力を皆さんと一緒に楽しみたい。精いっぱい演奏します」と意欲を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ