PR

地方 地方

学業成就の「梅がゆ酸っぱ~い」 神戸・綱敷天満宮 

Messenger
梅がゆを受け取る参拝者ら=24日、神戸市須磨区天神町の綱敷天満宮
梅がゆを受け取る参拝者ら=24日、神戸市須磨区天神町の綱敷天満宮

 学問の神様、菅原道真を祭る神戸市須磨区の綱敷天満宮で24日、無病息災や学業成就を願い、参拝客らに約500食の梅がゆが振る舞われた。

 綱敷天満宮は、道真が九州に渡る際、須磨の漁師が造った大綱の円座で休憩したことにちなんで創建された。道真は梅の花を愛したことでも知られ、この日振る舞われた梅がゆには、境内で収穫された梅の実が使用されている。

 参拝客らは見頃を迎えた梅の花を眺めながら春の味覚を楽しんでおり、同区の小学4年、中井莉雪碧(りゅあ)さん(10)は「酸っぱくておいしい。がんばって勉強して苦手な算数を克服したい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ