PR

地方 地方

震災で不通の熊本-大分間代替ルートに全長3.7キロのトンネル完成、「復興シンボルに」

 平成28年4月の熊本地震による土砂崩れで熊本県・阿蘇地域の国道57号が不通となったことを受け、代替ルート整備の一環で建設されたトンネルが23日に完成し、貫通式が開かれた。全長約13キロに及ぶ代替ルートの整備は続き、32年度には完成する予定。

 国土交通省九州地方整備局などによると、国道57号は熊本と大分を結ぶ幹線道路で、北側に代替ルートを整備。トンネルは全長約3・7キロで、29年6月に本格的な掘削作業が始まった。大津町古城と阿蘇市車帰を結ぶ。

 蒲島郁夫知事は貫通式で「復興のシンボルになるだけでなく、南海トラフ地震に備える命の道になる」と語った。

 阿蘇地域では、国道57号のほか、JR豊肥線の寸断が現在も続く。九州地方整備局の担当者は「復興には早期のインフラ復旧が必要。代替ルートの整備を急ぎたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ