PR

地方 地方

「翔んで埼玉」公開初日 「愛があり、嫌にならない」

Messenger

 「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉なんて言っているだけで口が埼玉になるわ」-。「埼玉」を徹底的にこき下ろした映画「翔(と)んで埼玉」が22日、公開された。

 この日、さいたま市の映画館で観賞した同市浦和区の女子大学生(22)は「以前から楽しみにしていたので、初日に来ました。埼玉をディスりまくっているのに、どこか愛がある感じ。埼玉の良いところも出てくるので、埼玉県人が映画を観ても嫌な気持ちにはならない」と話した。

 近くに住む男性会社員(35)は「原作を読まない方が楽しめると思って読まずに映画館に来た。あちこちの地名が出ると『ある、ある』と思って笑えたし、面白い」と語った。

 公開に先立ち上田清司知事は7日、主演女優の二階堂ふみさんらから表敬訪問を受け、「余裕のある埼玉県なので冷やかされても穏やかに受け止められる」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ