PR

地方 地方

前橋の老舗洋食店「ポンチ」営業再開 100周年へ特別メニュー考案中

Messenger
大正9年創業のポンチの一番人気はカツカレー
大正9年創業のポンチの一番人気はカツカレー

 前橋市千代田町にある大正9(1920)年創業で、老朽化のため平成29年5月から休業していた老舗洋食店「レストラン ポンチ」が店舗改修を終え、約2年ぶりに営業を再開した。地元出身の詩人、萩原朔太郎も食したとされるカレーライスの味を創業当時から守りながら、「大正ロマン」をコンセプトにリニューアルした。平成最後となる年に「タイムトリップ」した気分で老舗のメニューを味わってみてはいかが?(橋爪一彦)

                   

 「常連さんを長いこと待たせたが、100周年を来年に控え、大正ロマン風をテーマに改修した」

 4代目店主の町野義幸さん(49)はそう話す。

 前橋市の中心市街地を流れる広瀬川に面する「レストラン ポンチ」。ショーウインドーには、羽織姿の初代店主夫婦や、来店客が和服姿で食事しているモノクロ写真などが飾られ、製糸業が盛んだった当時の様子がしのばれる。

 映画「クライマーズ・ハイ」などの撮影にも使われた旧店舗は1、2階に約50席あったが、新店舗は1階だけのカウンター、テーブルの13席とシンプル。竹久夢二のデザインの壁紙が大正ロマンを感じさせる。

 料理はカレーライス、ハヤシライスなどがあるが、店の一番人気は、注文を受けてから豚肉をパン粉をまぶして揚げるカツカレー(1千円)だ。創業当時のレシピを忠実に守って調理してきた。

 揚げたてのカツは、さくっとしてアツアツ。かみしめると肉汁が口いっぱいに広がり、和風だしのカレーが肉のうまみを引き立てる。キャベツが敷いてあるのも創業当時のままだという。

 当面の営業時間は夜間のみで、日月曜は定休。自宅の夕食用に鍋持参の主婦がテークアウトのカレーを買いに来ることもあるといい、相変わらず市民に愛されている。町野さんは「100周年を記念して、特別なメニューを考えている」と話しており、今後も楽しみだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ