PR

地方 地方

春感じる梅の香り 栗林公園

Messenger
見頃を迎えた栗林公園の梅の花=高松市
見頃を迎えた栗林公園の梅の花=高松市

 国の特別名勝・栗林公園(高松市)で梅の花が見頃を迎え、多くの観光客が訪れている。23、24日に「梅まつり」が開かれる。

 同園には約170本の梅が植えられている。主な見どころは江戸時代から梅が植えられていた「南梅林」と、明治以降に造られた「北梅林」。花の色は白系が65%、紅と淡紅が35%という。

 同園観光事務所によると、北梅園にある標本木の開花は昨年12月21日と例年より30日ほど早かった。その後の冷え込みもあったが、見頃は例年より一週間程度早いという。梅の種類によっても開花時期が異なり、現在は野梅系と紅梅系が満開、豊後梅系はこれから見頃を迎える。

 香川県を旅行中の沖縄県糸満市の桃原由梨野さん(22)は「梅林全体に良い香りが漂っていて気持ちがいい」と話した。

 23、24日の「梅まつり」では、香川県庁茶道部による「梅観茶会」のほか、スタンプラリーなどが行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ