PR

地方 地方

甲府市予算案744億4350万円 中核市移行に8億6081万円

Messenger

 甲府市は20日、4月からの中核市移行に関連する事業費として約8億6千万円などを盛り込んだ平成31年度当初予算案を発表した。1月に市長選が行われたため、人件費など義務的経費を中心とした骨格予算とし、一般会計規模で約744億4350万円(前年度比1億9393万円減)となった。27日開会の市議会に提出する。

 市企画財政室によると、4月の中核市移行で県から2500超の事務権限が移譲される。

 これに関連し、HIVや結核など感染症検査の委託費用、小児の腎疾患など長期間の治療に対する医療費の給付など、48事業で計8億6081万円が新たに盛り込まれた。

 ただ、骨格予算としたほか、市債の借り換えが前年度比で10億円減ったこともあり、前年度比で予算規模が縮小した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ