PR

地方 地方

昨年末の高卒就職内定率94・9% 求人増加で高水準 山梨

Messenger

 県教育委員会は20日、今春に公立高校を卒業予定の就職希望者(全日・定時制)の昨年12月末時点の内定率が94・9%だったと発表した。

 現在の集計方法になった平成16年度以降、最高となった前年(95・4%)に次ぐ高水準で、6年連続で90%を超えた。県教委高校教育課は「求人の増加で内定率も高い水準を維持している」としている。

 卒業予定者5976人(前年同期比232人減)のうち、就職希望者は1177人(同71人減)。就職希望率は19・7%(同0・4ポイント低下)で、内定者は1117人(同73人減)だった。

 男女別の内定率は、男子94・7%(同0・6ポイント低下)、女子95・3%(同0・1ポイント低下)。また、定時制で73・1ポイント(同6・5ポイント低下)と大きく下落した。業種別では製造、小売り、卸売りで採用が好調だった。

 内定者全体のうち県外就職率は9・1%(同11・5%)と、2年ぶりに10%を下回った。「県内企業の採用努力などが奏功したのではないか」(高校教育課)としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ