PR

地方 地方

土渕海峡彩る柔らかな光 香川・土庄イルミネーション復活

Messenger
約2年ぶりに復活した土渕海峡を彩るイルミネーション=香川県土庄町
約2年ぶりに復活した土渕海峡を彩るイルミネーション=香川県土庄町

 「世界一狭い海峡」としてギネスブックに認定されている香川県土庄町の土渕海峡で、老朽化のため休止していたイルミネーションが約2年ぶりに復活した。

 青、白、ピンク、ベージュの4色のLEDで、小豆島のキャッチフレーズ「癒しと和みの島 小豆島」を表現。最も狭いところで幅9・93メートルしかない世界一狭い海峡を優しく、柔らかい色で照らしている。

 イルミネーションは、土庄町合併50周年記念事業として平成17年に初点灯、約1万個の電球が海峡を彩っていたが、老朽化のため29年1月を最後に休止していた。

 同町は、イルミネーション復活を望む声を受けて、電球から約7千個のLEDに付け替えて再開することにした。「バレンタインデー」の14日に復活の点灯式を行った。町では「地元の人や観光客らが楽しめる新たなナイトスポットを目指したい」としている。

 今回の点灯は3月20日まで。午後5~10時にライトアップする。今後LEDを増やし、10月と年末年始にも点灯する予定という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ