PR

地方 地方

春の香り一面に 伊予で菜の花見頃

Messenger

 愛媛県伊予市双海町大久保閏住にある国道378号沿いの土手で、今年も菜の花が見頃を迎え、見物の人たちでにぎわっている。

 伊予灘に面したJR予讃線の高さ約5メートルの土手。地元の人たちが栽培している菜の花が約150メートルにわたって一面に咲きそろい、春の香りを放つ。家族連れをはじめ通りかかったドライバーは車を寄せて記念撮影し、観光列車も徐行運転をして乗客は鮮やかな景色を楽しんでいる。

 3月3日には、菜の花を見ながら、伊予長浜駅から伊予上灘駅までの16キロを歩く、JR四国の「第20回記念しおかぜウォークなのはな大会」も開かれる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ