PR

地方 地方

広島・長崎が東京で原爆展共催へ 2020年五輪開催時期に

Messenger

 広島、長崎両市は2020年東京五輪・パラリンピックの開催時期に、東京都内で原爆展を共催する方向で検討を進めていると明らかにした。国内外から集まる観客らに、核兵器が招く惨状を伝える狙い。

 長崎市によると、これまで広島市とともに実施した原爆展と同様、被爆にまつわる資料や写真パネルを紹介するほか、被爆者の講話なども検討しているという。会場や詳しい日程は今後調整する。

 20(平成32)年は、両市に原爆が落とされた日に当たる8月6日と同9日が、東京五輪の開催期間と重なる。広島市平和推進課は「世界中から多くの選手や観客が日本にやってくる。この機会に改めて、被爆の実相に触れてほしい」。長崎市の平和推進課は「五輪・パラリンピックは平和の祭典。被爆地まで足を運べない人にも核廃絶への思いを深めてもらうため、競技会場の近くで開きたい」としている。両市は平成7年から、海外の19カ国49都市で原爆展を共催。国内では、28年の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて三重県伊勢市で実施した。12年の沖縄サミットの際は沖縄県糸満市で、20年の北海道洞爺湖サミットの時は札幌市で開いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ