PR

地方 地方

ザ・リッツ・カールトン京都5周年 スパークリング日本酒開発「一歩進んだサービスを」

Messenger

 外資系高級ホテルのザ・リッツ・カールトン京都(京都市中京区)は14日、平成26年2月の開業から5周年を記念し、スパークリング日本酒「水明(すいめい)」を開発したと発表した。蔵元の山梨銘醸(山梨県北杜市)とともに、サントリー山崎蒸溜(じょうりゅう)所(大阪府島本町)のウイスキー樽(だる)で仕込むなどの協力も得て共同開発。同日からホテル内のバーやレストランでの提供を始めた。

 アルコール度数は12度で、販売価格はグラスで1800円(税・サービス料別)など。ホテルの従業員らが山梨県で酒米の田植えから稲刈り、酒づくりまでに関わった逸品という。

 総支配人のマーク・ノイコム氏は、京都市内がインバウンド(訪日外国人客)らの増加で高級ホテルの出店が相次ぎ予定される中で「一歩進んだサービスを提供し、地元の京都市民の方々も多数利用いただけるホテルを目指す」と話した。

 ホテルでは、開業5周年を記念する特別サービスも提供。3月末まで1泊7万円台から宿泊が可能なプランなどを販売するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ