PR

地方 地方

一人親家庭の申請一括化 練馬区、今月末まで実施

Messenger

 練馬区は、一人親家庭に関連する手当などの申請手続きを一括で受け付けるサービスを今月末まで実施している。手続きにかかる時間を短縮し、来庁者の利便性を向上するのが狙い。離婚に伴う手続きの一括化は、全国で初めての取り組みだという。

 導入の背景には、氏名や住所などの情報を数多くの書類に記入し、さまざまな窓口に提出しなければならない手続きの煩雑さがある。住民の申請書作成にかかる負担の軽減や、職員の受け付け業務の効率化が課題となっており、大日本印刷が提供する専用端末「ナビ付申請書」を使った手続きの効率化に乗り出した。

 一括化は、区役所本庁舎10階の子育て支援課の窓口で受け付けている。対象となるのは、一人親が申請できる児童育成手当や児童扶養手当など。職員が申請者から必要事項を聞き取りながら専用端末を操作することで、必要な申請書類を氏名や住所などを打ち込んだ状態で手渡すことができる。

 1月のサービス開始以来、「手続きがスムーズになった」「手間が省けてよかった」など区民からも好評だという。

 区は今後、転入や転出、出産などの手続きについても、同様のサービスの導入に向けて検討する方針。区の担当者は「一括化で書類の書き間違えなどもなくなる。多くの人に利便性を感じてほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ