PR

地方 地方

【一押し】あかつきや(宇都宮) シンプル焼きそば 自転車好き集う

Messenger
並、トッピング全のせ。もちもちした太麺とソースの絡みが抜群
並、トッピング全のせ。もちもちした太麺とソースの絡みが抜群

 宇都宮名物といえば、ギョーザだが、それだけではない。もちもちとした食感の太麺にシンプルな具の「宇都宮焼きそば」も地元で愛され続けるソウルフードだ。

 「あかつきや」は、宇都宮市中心部の「餃子(ギョーザ)通り」と交わる「赤門通り」に店を構える。営むのは、白沢暁(さとし)さん(49)と妻の久美さん(45)。以前は店も少なかったというこの通りを「もったいない」と感じ、地元で有名な宇都宮焼きそばで地域を盛り上げようと、平成25年に開店した。

 提供するのは、小から特大まで各種サイズの焼きそばと、目玉焼き、ソーセージ、ベーコンのトッピングだけ。具もキャベツだけとシンプルだ。シンプルだけに、とても食べやすく、いくら食べても飽きない。太麺と濃すぎないソースの味が絶妙に絡まり、どんどん箸が進む。油を使わずに炒めるため、ボリュームはたっぷりなのに、もたれないのもうれしい。値段もかなりお手頃だ。「焼きそばはB級グルメ。高く売ってもしようがない」と白沢さんは笑う。

 焼きそば店であると同時に、「自転車好きの店」でもある。知人を通して自転車ロードレースのプロチーム「宇都宮ブリッツェン」の選手が来店するようになったのがきっかけで夫婦で自転車ファンになり、店内はブリッツェンの選手の写真や新聞記事の切り抜きなどがびっしりと貼られている。選手は今もよく来店するといい、噂を聞いたファンが遠方から来ることも。レースの日などは多くのファンでにぎわう。

 白沢さんは「宇都宮を盛り上げるには重なり合うことが大切だと思う。自転車と焼きそばを結びつけて両方好きになってもらえたら」と力説。焼きそば目当てでも自転車目当てでも、一度来店したら、もう一方の魅力にもとりつかれそうだ。(根本和哉)

                   

 ◆あかつきや 宇都宮市馬場通り4の2の12(028・622・1300)▽営業時間=午前11時~午後6時▽不定休▽メニュー=焼きそば小300円、並400円、大500円、特大600円。トッピング各種50円。持ち帰り、電話注文可。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ