PR

地方 地方

県議選高崎市区 高井氏が出馬表明

Messenger

 統一地方選で行われる県議選(3月29日告示、4月7日投開票)で、元高崎市議の高井俊一郎氏(43)が12日、高崎市区(定数9)から立候補する意向を表明した。

 高井氏は平成19年から高崎市議を2期務め、昨年7月に山名八幡宮の宮司に就任。「高崎市は群馬を引っ張っていく立場にあるが、県議の役割は見えにくい。今こそアップデートする時期であり、保守を革新したい」と述べた。自民党に公認を申請している。

 高崎市区では、現職の関根圀男氏(72)が引退を表明、清水真人氏(43)が参院選への転身を決めた。

 新人の立候補表明は、いずれも高崎市議の松本基志氏(59)と追川徳信氏(59)に次いで3人目。選挙戦となる公算が大きくなっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ