PR

地方 地方

女川再稼働 県民投票条例請求を受理 知事、21日追加提案 

Messenger

 東北電力女川原子力発電所(女川町、石巻市)に関し、市民団体から再稼働の是非を問う県民投票条例の制定を求める直接請求が、県内有権者11万1743人分の署名とともに村井嘉浩知事宛てに提出されたことについて、村井知事は12日、同日午後に受理したことを明らかにした。

 村井知事は13日開会の県議会2月定例会の追加議案として、代表質問が行われる21日に追加提案すると説明。「県民が法律で決められた権利を行使し、出されたものを精査、受理した。今後は手続きにのっとり、私の意見を付けて議会に諮る」と語った。

 13日午前に県議会各会派に、午後には報道陣に対し、県側が村井知事の付けた意見も示して条例案を説明するという。

 11万人を超える署名が集まったことについて、村井知事は「必要な数(県内有権者数の50分の1)の3倍を集めたことはそれなりに大きな意義がある。しっかりと重く受けとめるべきで、意見の中で言及したい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ