PR

地方 地方

埼玉のインフル流行、ピーク越えか

Messenger

 県内で猛威を振るっているインフルエンザだが、今季の流行のピークを越えた可能性がある。1月28日~2月3日の1週間に報告された県内のインフルエンザ患者は1医療機関当たり65・68人だった。過去最高を更新した前週の1月21~27日の84・09人を下回った。ただ、埼玉の65・68人は都道府県別でトップとなっており、まだ警戒が必要な状況となっている。

 県保健医療政策課によると、1月28日~2月3日の保健所管内別の患者報告数は熊谷の84・29人がトップで、幸手81・43人、草加77・00人と続いた。県の北部と東部の感染が目立つ。まだ、県は「流行警報」を解除しておらず、せきエチケットや手洗いなどの予防を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ