PR

地方 地方

【ちば人物記】東京ディズニーリゾート・アンバサダー・野口歩美さん(29) 笑顔や楽しい時間を届けたい

Messenger
2019-2020東京ディズニーリゾート・アンバサダーを務める野口歩美さん=5日、東京ディズニーランド(白杉有紗撮影)
2019-2020東京ディズニーリゾート・アンバサダーを務める野口歩美さん=5日、東京ディズニーランド(白杉有紗撮影)

 「小さいころから東京ディズニーリゾートが大好き。乗り物も楽しかったけれど、ショーやパレードが大好きで一緒に踊っているような子供だった」と幼少期の思い出を語る。

 「新しいことをするのが好き。幼いころから色々なことに挑戦してきた」。約7年前にダンス仲間の友人に誘われて、「パレードやショーに出演できるチャンスがあるなら挑戦してみたい」と出演者のオーディションを受けた。小学1年からクラシックバレエを始め、モダンダンスやジャズダンス、タップダンスなどさまざまなジャンルのダンスをしてきた経験が役に立った。

 初めて出演したパレードでは、今か今かとショーを待ちわびるゲストの期待や興奮を肌で感じた。「見える景色全てがパーク。夢の中で踊っているようだった」と当時を振り返る。

 およそ7年間、ショー運営部の出演者として活躍するうちに、「東京ディズニーリゾートが生み出す笑顔や楽しい時間をパークの外の人たちにも届けたい」と思うようになり、キャストの代表として広報活動や地域社会への奉仕活動を行うアンバサダーの選考に応募する決意をした。

 応募者は約100人。4度にわたる選考は面接や筆記試験、小論文、カメラの前で話すVTRテストなど多岐にわたるものだった。「ステージと違い、言葉で自己アピールすることが難しかった。とても緊張したが選考中は楽しくて、苦しいという思いはなかった」と笑顔で話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ