PR

地方 地方

猫の姿に癒やされ 神戸出身の写真家・沖さん、地元で初の作品展

Messenger
会場に展示されている猫の写真=神戸市中央区
会場に展示されている猫の写真=神戸市中央区

 神戸市須磨区出身で猫の自然な姿をとらえた写真が人気の猫専門写真家、沖昌之さん(41)の作品展が9日、同市中央区の商業施設「神戸BAL」で始まった。会場には作品約40点が展示され、ファンや家族連れらでにぎわった。

 沖さんはアパレル会社で宣伝商品の撮影を担当していたが、平成27年4月に退職。猫専門の写真家に転身し、これまで猫の写真集を3冊出版した。インスタグラムのフォロワーが11万人を超えるなど人気写真家として活躍している。

 地元・神戸での写真展は今回が初めて。会場には昨年出版した写真集「残念すぎるネコ」の中から選んだ作品が並ぶ。じゃれ合う姿や路上でたたずむ姿など、さまざまな猫の自然な姿をとらえており、来場客は笑顔で作品を眺めていた。

 沖さんのファンという同市須磨区の会社員、久常菜穂さん(30)は「普段見ることができない猫の一瞬をとらえている。見てて癒やされる」と話した。

 11日までで、午前11時~午後8時。問い合わせは同施設(078・391・0501)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ