PR

地方 地方

【ZOOM東北】岩手発 イネの初冬直播き栽培実験本格化 省力化 農家の救世主

Messenger

 全国11地点で直播きされたのは57品種で、ひとめぼれやあきたこまち、コシヒカリといった品種の中からこの栽培法に合った品種を地域別に絞り込むことにしている。さらに、籾を不耕起や田起こし済みの異なる条件で直播きして最適の圃場を探ることにしている。

 下野准教授は「実験は順調。コーティングとは別に理化学研究所と協力して、籾自体が強くなる方法も研究している。この栽培法は積雪の多い東北から北陸、北海道のコメどころほどメリットがある。一日も早く実用化させたい」と意気込んでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ