PR

地方 地方

参院選青森で野党、統一候補擁立で政策合意形成確認

Messenger

 立憲民主、国民民主、共産、社民各党の県組織が9日、青森市内で会議を開き、参院選青森選挙区(改選数1)の統一候補擁立に当たり政策の合意形成を図ることを確認した。

 同選挙区の野党候補をめぐっては、立民県連合が弘前市の弁護士、小田切達氏(61)の擁立を決めており、この日の会議で統一候補として提案。一方、共産党県委員会は党県書記長の斎藤美緒氏(39)の擁立を発表している。今後、4党で合意できる政策をまとめ、一本化を目指すことを申し合わせた。

 立民県連合の山内崇代表は「政策を中心に候補者選考を進めていくことを確認した。候補者調整は党本部レベルでの決着になると思う」との見通しを示した。

 同選挙区には再選を目指す自民党現職の滝沢求氏(60)が出馬を表明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ