PR

地方 地方

「自転車盗んだ」申告受けるも捜査怠る 男性警官2人を懲戒処分 埼玉

Messenger

 県警は8日、自転車を盗んだと交番に申告してきたのに必要な捜査を怠ったとして、いずれも吉川署地域課の男性巡査部長(35)を停職3カ月、男性巡査(28)を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。2人は「処理に時間をとられると思った。迷惑をかけ申し訳ない」などと話しており同日付で依願退職した。

 県警によると、昨年8月8日午前3時ごろ、2人が交番で勤務していたところ、男(49)が「自転車を盗んできた」などと話したが、取り調べなど必要な手続きをとらなかった。さらに男が「何日も食べていない」と空腹を訴え、千葉県松戸市に姉がいるとも説明したため、生活保護の相談をするよう勧め、パトカーで松戸市内の公園まで連れて行き500円を手渡した。男が交番に持ってきた自転車は交番近くの路上に放置した。

 男はその後、昨年10月までに窃盗事件などを繰り返し逮捕されており、取り調べの中で「相手にされず千葉県内に連れて行かれた」などと交番での経緯を話したという。古田土(こたと)等首席監察官は「厳正な法執行に対する信頼を損ねる行為。指導を徹底し再発防止に努める」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ