PR

地方 地方

甲府・不老園で早咲きの梅満開

Messenger
満開となった早咲きの「冬至梅」=7日、甲府市酒折(昌林龍一撮影)
満開となった早咲きの「冬至梅」=7日、甲府市酒折(昌林龍一撮影)

 梅の名所として知られる甲府市酒折の「不老園」で、早咲きの梅が見頃を迎えている。同園によると、白い「冬至梅」と赤い「寒紅梅」が満開となったという。遅咲きの「シダレウメ」なども含め、3月末まで楽しめる。

 梅は約5万平方メートルの敷地に約30種類、約2千本が植えられている。同園によると、1月にまとまった雪が降らなかったため、例年よりも開花が1週間ほど早かったという。名物の「日月しだれ」も、つぼみが膨らみつつある。

 妹と訪れた甲斐市篠原、主婦、内藤ひとみさん(66)は「赤と白のコントラストがきれい。ここの梅が咲くと春が近づいてきた感じがします」と春の彩りと香りを満喫していた。

 不老園は3月末まで開園。午前9時~午後4時(3月は5時まで)。入場料は一般500円。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ