PR

地方 地方

柔道の父・嘉納治五郎、足利学校と意外な接点 講演筆記や書簡など公開

Messenger

 史跡足利学校(足利市昌平町)で柔道の父・嘉納治五郎(1860~1938年)の貴重な資料が公開されている。伝統行事・釋奠(せきてん)の日程変更に関する意見を認めた書簡や足利学校での講演録などで、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」で注目されている嘉納と足利学校の意外な関係がみられる貴重な機会となっている。3月3日まで。(川岸等)

 嘉納は講道館柔道の創始者で、東京高等師範学校(現筑波大)校長などを務めた教育者としても知られる。またアジア最初の国際オリンピック委員会(IOC)の委員となり、五輪招致にも尽力した。

 嘉納は、大正2(1913)年12月22日、足利学校で釋奠が行われた際の記念講演の講師として招かれた。

 講演テーマは「足利町と足利学校遺跡」。翌年、「足利学校釋奠講演筆記」としてまとめられた。足利学校所蔵の「来訪者揮毫(きごう)集」には、「忠信孝悌 大正二年十二月 嘉納治五郎」と自署している。

 今回、足利学校の方丈(ほうじょう)に展示された数々の貴重な資料。講演筆記と揮毫集のほか、旧足利町の川島平五郎町長(後の初代市長)に宛てた書簡(大正4年9月29日付)も公開されている。

 足利学校では冬至の日に釋奠を行っていたが、東京・湯島聖堂が新暦の切り替えに伴い、2月と8月の年2回から4月第4日曜に変更したのを受け、見直しを検討。その際、湯島聖堂の孔子祭典会の発起人でもあった嘉納に相談し、嘉納から「必ずしも昔にこだわることない」などの内容の返信があり、以来、足利学校は11月23日に行うことになった。

 足利学校事務所は、大河ドラマで嘉納が注目されていることから今回、特別展示を企画。同事務所は「嘉納治五郎と足利学校との接点を知ってもらえれば」としている。参観料は420円(高校生210円、中学生以下無料)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ