PR

地方 地方

JR福島駅西口で四島の戦後史説く北方領土パネル展

Messenger

 2月7日の「北方領土の日」を控えた6日、JR福島駅西口のコラッセふくしまで北方領土パネル展が始まり、日露交渉が報じられる中、多くの人が訪れ、北方四島の戦後史を説くパネルに見入っていた。

 パネル展は北方領土返還要求運動福島県民会議の主催で毎年、この時期に実施しているが、四島返還か2島かといった議論もあり関心は高い。会場で案内役を務める同会議会員の工藤信行さんは「一般の方も交渉の難しさは理解していて、四島返還はちょっと…という声が強い」と話す。

 7日も午前10時から午後4時まで開催する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ