PR

地方 地方

ピンクの衝撃再び 珈琲ジェラートとキャンディー登場 「オールとっとり」素材

Messenger
ピンクシリーズ ジェラート&キャンディー
ピンクシリーズ ジェラート&キャンディー

 ピンクのカレー、醤油、わさびなど「ブリリアントアソシエイツ」(鳥取市)が販売している話題のピンク商品シリーズで、新たにピンクの「珈琲ジェラート」「珈琲キャンディー」が誕生した。

 「珈琲ジェラート」は、南部町のジェラテリア「パッチェリービー」と共同開発。八頭町産のビーツと大山乳業農協(琴浦町)の「白バラ牛乳」を用い“オールとっとり”の素材で作った。ビーツの色でイチゴミルクのようなピンク色だが、香り高いコーヒージェラートの意外性ある味わいを楽しめる。90ミリリットル入りで540円。3月中旬から販売する。

 「珈琲キャンディー」はサクマ製菓と共同開発。鳥取県がPRする「星取県」にちなんで星形にした。苦みのある大人の味で、見た目のかわいい形・色とのギャップが楽しめる。6個入り350円で6日から販売する。同社は平成24年4月にピンク商品シリーズ第一弾のカレー「ピンク華麗」を発売。その後、醤油(27年)、マヨネーズ(同)、わさび(28年)と次々にシリーズを広げ、話題をふりまいている。

 同社の福嶋登美子社長は「ピンク華麗は東南アジアなどでも人気で、海外からわざわざ鳥取まで食べに来てくれます。鳥取県とコラボして全国、世界にピンクのシリーズを広めたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ