PR

地方 地方

新知事のリニア駅周辺整備見直し、甲府市長「考え聞き判断」

Messenger

 甲府市の樋口雄一市長は4日の会見で、リニア中央新幹線の新駅周辺整備に関して知事選で当選した長崎幸太郎氏が後藤斎知事の打ち出した「リニア環境未来都市」の白紙見直しに言及したことについて、「どのようなコンセプトか。見直しはすべてか、一部か。新知事が考えを示すのを待ちたい」と述べた。

 同市が進めようとしている新駅近接地域のまちづくり構想に関しても、「新知事の考えを聞き、それを踏まえて判断していきたい」と述べるにとどめた。

 長崎氏は甲府市大津町に予定される新駅の位置について「決まった経過を調べ直す」などと述べており、樋口市長は「私どもの考え方を述べさせていただきたい」と見直しを強く牽制(けんせい)した。

 知事選ではリニア新駅について、落選した米長晴信氏がJR身延線小井川駅(中央市)での接続を訴えた。長崎氏も当選後、「本来は身延線との接続が望ましい」などとしており、甲府市は現行計画の位置の優位性を主張する構えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ