PR

地方 地方

長野知事とニコルさん、健康シンポで講演 15日、東京

Messenger

 社員の健康を維持し、生産性の向上を目指す「健康経営」にとって、地方の自然と触れ合うことの重要性が指摘される中、そのあり方を考えるシンポジウムが15日、東京都千代田区の東京グリーンパレスで開催される。

 シンポジウムのタイトルは「これからの日本の健康経営~企業の憩えるまちを目指す、長野県小海町の取り組み~」。基調講演では、阿部守一知事が県の取り組みを紹介したり、県森林大使を務めるC・W・ニコルさんが森林セラピーの効用について話したりする。「健康経営」を地方創生にどう生かすか、有意義な講演が聞けそうだ。

 参加無料(定員200人)。希望者は、HP(http://ikoumachi-koumi.jp/)から申し込める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ