PR

地方 地方

【長野・須坂市動物園 飼育員日誌】シロヤギの「希望」 フェロモンは3キロ先まで

Messenger
シロヤギの「希望」
シロヤギの「希望」

 南園ではシロヤギを3頭飼育しています。ヤギというと皆さんは、「小さく」てピョンピョン跳ねて「かわいい」と、イメージするのではないですか。でも、成獣のオスヤギはそうではありません。

 とても大きな体をしていて、長いひげと立派な角を持っています。秋から冬になると、繁殖シーズンになります。オスは独特な「におい(ヤギ臭)」を放ち、メスに求愛します。そういう事態になるともう大変。この「におい」は、遠く離れた駐車場まで漂います。なんと3キロ先までにおうケースもあるんです。

 実はこの「におい」こそ、皆さんが動物園に来ると鼻に感じる「動物園のにおい」でもあります。

 図鑑や映像、インターネットなどでは感じることのできない動物たちの「におい」。これを嗅ぐことが、動物園に来る醍醐味(だいごみ)なのかもしれません。(オスヤギ担当 小林哲也)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ