PR

地方 地方

NEC関連会社を提訴 元社員、不当解雇の撤回要求 横浜地裁

Messenger

 復職可能であるとの医師の診断を無視し、休職期間満了などを理由に退職に追い込まれたのは違法だとして、NECの関連会社「NECディスプレイソリューションズ」元社員の男性が同社を相手取り、慰謝料や不当解雇の撤回などを求めて横浜地裁に提訴した。提訴は28日付。

 提訴したのは平成26年4月、同社に新卒入社した伊草貴大さん(27)。

 訴状によると、伊草さんは上司からのセクハラや叱責を受け、27年5月ごろに適応障害の症状を発症したところ、同年12月に4人がかりで手足を抱えられて職場から出された。その後、主治医から「適応障害は回復しており、復職可能」と診断されたにもかかわらず、会社側は診断を無視し、30年10月31日付で休職期間満了に伴う退職を一方的に伊草さんに通知したなどとしている。

 同社は「事案を確認していないのでコメントできない」などとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ