PR

地方 地方

たま駅長と仲間たち、LINEスタンプに 32種類、超かわい~・根強い人気・世界も注目 和歌山

Messenger

 和歌山電鉄貴志川線の三毛猫駅長として親しまれた「たま」などの無料通話アプリ「LINE」のスタンプ「たま駅長と仲間たちスタンプ」が発売された。たまは平成27年に没後も米インターネット検索大手「Google(グーグル)」のトップページのロゴになるなど、今も根強い人気を誇り、今回も発売されると早速、インターネット上などで話題を集めている。

 LINEの運営会社から昨年11月、電鉄に「人気動物特集」としてたまを取り上げたいと依頼があり、実現した。

 スタンプはたまのほかにも、たまII世駅長「ニタマ」、伊太祈曽駅長「よんたま」、たまの母ネコで永久助役「ミーコ」の写真を使用。ネコ駅長たちの愛らしい様子とともに「がんばってにゃんご」「どしたにゃ?」といった“ネコ語”がついている。

 たまは29年4月に生誕18周年記念として、祝日や歴史上の偉人の誕生日などにグーグルのトップページに載る特別記念ロゴとして掲載されたほか、中国でも生涯を描いた児童書が注目されるなど、人気は世界に広がっている。

 今回LINEスタンプに登場したことで、インターネット上では「たま駅長と仲間たちスタンプ超かわゆ」「やっぱりたま駅長かわいいですね」などと話題になっている。

 スタンプは32種で240円。電鉄の担当者は「たまも『皆さん!お気に入りがありましたでしょうか? どんどんお使いくださいにゃんご!』と話していると思います」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ