PR

地方 地方

北京五輪で金・斎藤春香氏が日立ソフトボール部の監督に 神奈川

Messenger

 北京五輪で監督としてソフトボール女子日本代表を金メダルに導いた斎藤春香氏(48)は、勤務する青森県弘前市役所を今月末で退職して、日立ソフトボール部(横浜市)の監督に就くと明らかにした。2月1日から指揮を執り、「優勝を目指す強さを持ち、いろいろな方に応援してもらえるチームをつくりたい」という。

 斎藤氏は同部の前身、日立ソフトウェアに入社。日本代表では主砲として平成8(1996)年のアトランタ五輪から3大会連続出場。12(2000)年のシドニーで銀メダル、16(04)年のアテネで銅メダルを獲得した。20(08)年の北京では監督としてチームを率いた。23年に弘前市職員となり、スポーツ推進事業などに従事してきた。

 東京五輪への関わりについては「日本オリンピック委員会(JOC)理事として選手強化に取り組んでおり、今後も力になりたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ