PR

地方 地方

福岡で「点初め」 遠州流茶道、新年祝う茶会

遠州流茶道家元の小堀宗実氏が招待客をもてなした「点初め」=26日、福岡市南区
遠州流茶道家元の小堀宗実氏が招待客をもてなした「点初め」=26日、福岡市南区

 440年の歴史を持つ遠州流茶道の新年を祝う茶会「点初(たてぞ)め」が26日、遠州流茶道文化会館(福岡市南区)で開かれた。

 宗家十三世家元の小堀宗実(そうじつ)氏が濃厚な茶を点て、財界関係者ら招待客をもてなした。茶道具の歴史なども説明した。

 遠州流茶道は、江戸時代初期の大名茶人で、徳川将軍家の茶道指南役だった小堀政一(遠州)を流祖とする茶道の一派。古田織部の流れもくみつつ、茶の湯と王朝文化のみやびを結びつけた「綺麗(きれい)さび」を特徴とする、格式ある茶道だ。

 宗実氏は「遠州流茶道こども塾」を各地で開くなど、茶道普及に努めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ