PR

地方 地方

山梨学院、喜び爆発 5年ぶり3回目の選抜出場決定「歴史つくりたい」

Messenger

 兵庫県西宮市の甲子園球場で3月23日開幕する「第91回選抜高校野球大会」に出場する32校が25日決まった。本県からは山梨学院(甲府市酒折)が5年ぶり、3回目の出場を果たした。昨年夏に続いて挑む甲子園。一報を受けた部員らは喜びを分かち合った。3月15日に組み合わせ抽選会が行われ、対戦相手が決まる。(昌林龍一)

                   ◇

 午後3時過ぎ、山梨学院大広報スタジオに待機する山内紀幸校長は、選考委員会から電話で報告を聞き、「ありがとうございました。謹んでお受けします」と応じた。

 この後、記者会見した野球部の吉田洸二監督は「全国約4千校から32校に選ばれうれしい」と述べた。

 同校は昨年10月に甲府市で開催された秋の関東大会に出場し、ベスト4となった。吉田監督は「秋のような気持ちとコンディションで臨み、記念すべき大会でこれまでの最高成績をおさめたい」と平成最後の選抜大会への意欲を語った。

 山内校長らはこの後、砂田球場(甲府市砂田町)で吉報を待っていた野球部員に出場決定を報告。部員らは拳を突き上げ、帽子を高々と投げ上げるなど、喜びを爆発させた。

 相沢利俊主将は「チームワークが良いのが特徴。一戦必勝で少しでも多く勝ち、山学野球部の歴史をつくりたい」と抱負を述べた。秋季大会で2試合連続本塁打を放った野村健太選手も「ミスショットをしないで甘い球を一発で決める」と大舞台への意気込みを語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ