PR

地方 地方

岩手競馬が刑事告発 禁止薬物問題

Messenger

 岩手競馬の競走馬から相次いで禁止薬物のボルデノン(筋肉増強剤)が検出された問題で、県競馬組合(管理者・達増拓也知事)は23日、容疑者不詳のまま、競馬法違反罪で県警に告発状を提出した。

 岩手競馬では昨年7~11月、4頭の禁止薬物陽性馬が出た。いずれも水沢競馬場(奥州市)の厩舎所属で、同組合は主に水沢競馬場で監視体制を強化。しかし、12月にボルデノンが検出された5頭目は盛岡競馬場の厩舎所属だった。

 刑事告発について、同組合担当者は取材に、「(5頭目が)盛岡の馬だったので、悪意の第三者による犯行の可能性が高まったと判断した。これまで警察と調整していて、本日の提出に至った」と明かした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ