PR

地方 地方

覚醒剤4.8キロ密輸疑い 仙台の男2人を逮捕 押収量県内最高

Messenger

 覚醒剤をろうそくの中に隠し、販売目的で米国から密輸したとして、仙台中央署などは22日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、自動車販売業、櫻井勇太容疑者(31)=仙台市若林区、アルバイトの佐藤和彦容疑者(47)=同市宮城野区=を逮捕したと発表した。同署は2人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、2人は氏名不詳者と共謀し、昨年10月末、米国から2億9千万円相当の覚醒剤4・8キロを隠したろうそく4本を同市宮城野区内に発送、日本国内の空港を経由して密輸したとしている。横浜税関の職員が覚醒剤を発見し、事件が発覚した。

 ろうそくは高さ18センチ、直径16センチ。内部をくり抜き、中に覚醒剤を詰め込み、隠していた。同署によると、覚醒剤の押収量としては県内では過去最高だという。

 同署は組織性や余罪などについて、詳しく捜査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ