PR

地方 地方

仙台母娘心中 第三者委設置を要望 父と支援団体、市長と教育長宛て

Messenger

 仙台市内の住宅で昨年11月、小学2年の長女(8)と母親(46)が無理心中したとみられる事件をめぐり、2人が死亡したのは長女が通っていた学校でのいじめが原因だとして、長女の父親と支援団体「全国自死遺族連絡会」は21日、郡和子市長と佐々木洋教育長宛てに、原因を調査するための第三者委員会の設置を求める要望書を提出した。

 要望書では第三者委について、委員を6人とし、半数を遺族推薦とすることや、速やかに調査を開始するために遺族が指定した専門家をそのまま採用することなどを求めている。

 要望書の提出後、父親は「妻は学校や市の教育委員会に何度も相談していたのに取り合ってもらえず、絶望していた。家族が眠れないような状態が続いていた」と話した。

 市教委は「事案を重く受け止める。事実関係の把握に努めて遺族にしっかり説明していきたい」とした。

 父親によると当時、市立小学校に通っていた長女は1年のころから、同学年の女子児童2人から仲間はずれにされるなどのいじめを受けていたという。長女は「しにたいよ。いじめられてなにもいいことないよ」などと書いたメモなどを両親に渡していた。

 両親は学校のほか、市教委や弁護士会にも相談するなどしていたが、状況は改善されず、母親と長女は心身ともに不調となっていったという。2人は昨年11月29日に無理心中したとみられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ