PR

地方 地方

若手起業家拠点に 旧避難区域に施設、南相馬にオープン

Messenger

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が平成28年に一部を除いて解除された南相馬市小高区で20日、若手起業家らの活動拠点として造られた民間施設「小高パイオニアヴィレッジ」がオープンした。同区住民の大半は65歳以上で、若者の帰還促進や雇用創出が課題となっていた。

 開所式で、施設を運営する一般社団法人「パイオニズム」の和田智行代表(42)は「今は国の復興予算があるが、今後自立するには民間事業者の活力が必要だ。同じ志の仲間が励まし合える場にしたい」と強調した。門馬和夫南相馬市長も「復興に向けた新しい取り組みだ」と期待を寄せた。

 施設は2階建てで、延べ床面積は約280平方メートル。吹き抜けの共用オフィスは階段状になっており、50人程度のイベントにも活用できる。首都圏など遠方から来た人が泊まれるよう簡易宿泊所も設けた。当面は試験運用し、3月10日から本格開業する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ