PR

地方 地方

那須塩原市の放射線量、全測定地で基準下回る

Messenger

 那須塩原市は昨年7月に実施した空間放射線量の測定で、市内317カ所全ての測定地点で国の基準(毎時0・23マイクロシーベルト)を下回ったことを明らかにした。18日の市議会全員協議会で報告した。

 全ての測定地点で国の基準を下回ったのは東京電力福島第1原発事故後、初めて。同市では「自然減衰もあいまって除染の一定効果が図れた」としている。

 同市は平成24年に策定した除染実施計画に基づき、公共施設570カ所、住宅1万3412カ所、事業所600カ所、公園273カ所、自治公民館105カ所の除染を行った。

 同市は「除染作業はおおむね終了したが、放射性物質に対する市民の不安を払拭するため今後も除染作業を継続する」との方針を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ