PR

地方 地方

「海の厄介者」で健康に 愛媛大などがアカモク商品化

Messenger

 漁網や漁船のスクリューに絡みつく海の厄介者とされる海藻「アカモク」を健康食品に活用しようと、愛媛大学農学部の学生らと朝日共販(愛媛県伊方町)が共同で商品化に取り組み18日、完成した佃煮などを発表した。

 アカモクはホンダワラ科の海藻で日本の沿岸に広く分布している。1年生で、秋から冬にかけ4~7メートルにのびる。東北地方などごく一部では食用とされる例はあるが、瀬戸内海や宇和海では厄介者。一方で、海藻のねばねば成分として知られる食物繊維の一種「フコイダン」「フコキサンチン」が豊富に含まれ、血糖値や血中コレステロールを抑えるほか、抗アレルギー効果、抗酸化作用なども報告されている。

 さらに、愛媛大農学部の菅原卓也教授はアカモクに含まれる「クロロフィルc2」に、花粉症やアレルギー性皮膚炎の症状を緩和する効果があることを新たに確認。学生らとともに、主にしらすを販売している朝日共販と共同でアカモクを使った商品開発に着手した。

 学生17人が約半年間、試食やアンケート調査に協力し、消費者の嗜好を調べた。何度も改善を加え、昨年12月に、ふりかけ、ドレッシング、佃煮、食べるラー油の販売にこぎ着けた。同町の道の駅などで500~600円で販売中。今後は松山空港やイオンなどでも販売する予定。

 菅原教授は「効果が高まれば、生活習慣病対策として機能性食品の開発につなげたい」と話した。昨年、原料となるアカモク250トンを採取して確保した朝日共販の福島大朝社長は「伊方町は10年後は人口が半減する。しらすだけでなく、佐田岬をアカモクの産地に」と地域活性化に期待を寄せている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ