PR

地方 地方

韋駄天立像を特別公開 京都・泉涌寺 3月には壁画初披露

Messenger

 皇室の菩提(ぼだい)寺であることから「御寺(みてら)」と呼ばれる真言宗泉涌寺派総本山の泉涌寺(京都市東山区)で18日、仏牙舎利(ぶつげしゃり)(釈迦の歯)を安置する舎利殿(しゃりでん)と俊足の神「韋駄天立像(いだてんりゅうぞう)」の特別公開が始まった。3月1~17日には舎利殿内の奥に描かれた韋駄天図の壁画を初公開する。

 天皇陛下在位30年とNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の放映を記念して公開する。韋駄天立像は、鎌倉時代に中国・南宋から伝わった日本で最も古い韋駄天像で、国の重要文化財。舎利殿の内陣で仏牙舎利を収めた舎利塔を守るように立ち、穏やかな表情で体の前で手を合わせている。台座を含まない高さは50~60センチ。

 仏牙舎利は、仏の歯のうち4本しかない犬歯のことで、そのうちの1本が泉涌寺に伝わる。仏法を説いた釈迦の口元にあったため、他の仏舎利よりありがたいとされる。

 また、内陣奥の「裏堂」と呼ばれる空間には、鬼に奪われた仏牙を俊足を生かした韋駄天が取り戻す様子が壁画「韋駄天図」に描かれている。壁画は高さ約3メートル、幅約9メートル。制作された1668(寛文8)年から一度も公開されたことがないため、鮮やかな色合いが保たれている。

 舎利殿と韋駄天立像の公開は3月17日まで。韋駄天図の壁画は、損傷を防ぐため、2月28日までは実物大の写真パネルの展示のみとなる。同寺の渡邊恭章(きょうしょう)教学部長(56)は「韋駄天がどんな神かを知らない方も多いので、ぜひ見ていただきたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ