PR

地方 地方

サザエさんが宮城県応援、観光キャラに タマ登場の企画も

Messenger

 アニメでおなじみの国民的人気キャラクター「サザエさん」一家が平成31年度の県観光キャラクターに就任することになり、18日、仙台市で県と長谷川町子美術館(東京都)による共同観光キャンペーンの記者会見が行われた。アニメの中でも全国を旅してきたサザエさん一家だが、自治体の観光キャラクターとなるのは初めて。

 この日は村井嘉浩知事と同美術館の川口淳二館長が一家とともに出席。サザエさん一家が5月中旬から9月末まで、観光キャラクターとしてガイドブックやポスターに登場。県内全市町村の魅力を紹介する動画も制作する。旅行会社と連携した家族旅行プランなども企画する予定。

 川口館長は一家の愛猫タマを主役とした特別企画を準備していると発表。東日本大震災の沿岸被災地に多くの観光客が訪れるよう「タマによる癒やしの取り組みとしたい」と語った。

 サザエさんはアニメ放映開始から今年で50周年。村井知事は東日本大震災の復興支援の一環として実現したと説明、「私も、私の娘もみており、長きにわたって国民に愛されている。ファミリー層をターゲットとする通年観光キャンペーンの第1弾として、ベストなパートナー」と話す。川口館長も「家族の絆を大事にして、(サザエさんの)家族で皆さんのところにお邪魔する」と語った。

 31年度後半の10月以降は、ポケットモンスターの人気キャラクター「ラプラス」が盛り上げ役を担う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ